家族介護教室「食事中の誤嚥(ごえん)を防ぐには?」を開催しました。

11月24日(日)に日本鋼管病院の摂食・嚥下障害介護認定看護師 土田恵美子さんをお招きして、学習会を開きました。

IMGP3643

年齢があがるにつれ、かむ力が弱まったり、物が飲み込みにくくなったりと、食事の際のトラブルが起きがちです。誤嚥がもとで肺炎を起こす場合もあります。
いつまでも健やかに美味しく食事が出来る様に、摂食・嚥下の仕組みや誤嚥を防ぐための方法を教えて頂きました。

後半は実習です。
お水・オレンジジュース・みそ汁にとろみ材を入れて、とろみをつけてみます。

IMGP3656

同じ量でも入れるものの温度や食品によってもとろみの付き方が違ったり、すぐにはとろみが付かなかったり、実際にやってみて飲んでみて、色々な事がわかりました。

詳しくは『ほっと通信23号』をご覧ください。